賞状・表彰状・感謝状・修了証書・認定証・推薦状 等の作成は

お問い合わせ・ご相談はお気軽にどうぞ
Tel.029-282-2428

毛筆書体を使用して本格賞状を作成します。
表彰状・ 感謝状・推薦状・修了証書・卒業証書・委嘱状・ディプロマ等の印刷はお任せ下さい。

  1. デジタル表彰状印刷 TOP>
  2. 目録・金封付きのし袋見本

目録・金封付きのし袋見本

目録・のし袋(祝儀袋)のデジタル印刷も承ります。
式典などの際に、贈答目録・祝儀袋・賞金袋としてご使用下さい。
目録セット(のし袋・
目録用紙)・のし袋セット(のし袋・金封)はすべて弊社にてご用意いたします。

一枚からのご注文が可能。(目録のみの購入も承ります)


目録(大) 目録(小) 金封付きのし袋 大中小

 

目録(大)

目録(大)
↑ 大きくご覧になりたい場合は、クリックして下さい

目録(大)です。写真右上の箱・のし袋・目録用紙のセットとなります。
文字の制限はございません。校正が可能です。
枚数が多い場合は、割引もございます。


のし袋サイズ
目録用紙サイズ
価格
225mm×180mm
197mm×527mm
3,000円 (税込3,240円)
(のし袋・目録用紙・箱代込み)

目録ご注文はこちら(クリックして目録・のし袋専用ご注文フォームへ)
目録ご注文はこちら(クリックして目録・のし袋専用ご注文フォームへ)

目録(小)

目録(小)↑ 大きくご覧になりたい場合は、クリックして下さい

目録(小)です。のし袋・目録用紙のセットとなります。
文字の制限はございません。校正が可能です。
枚数が多い場合は、割引もございます。


のし袋サイズ
目録用紙サイズ
価格
220mm×140mm
196mm×393mm
2,500円 (税込2,700円)
(のし袋・目録用紙代込み)

目録ご注文はこちら(クリックして目録・のし袋専用ご注文フォームへ)
目録ご注文はこちら(クリックして目録・のし袋専用ご注文フォームへ)

金封付きのし袋

金封付きのし袋

金封付きのし袋 大 金封付きのし袋 中 金封付きのし袋 小


↑ 大きくご覧になりたい場合は、クリックして下さい

金封付きのし袋です。のし袋・金封のセットとなります。
文字の制限はございません。校正が可能です。
枚数が多い場合は、割引もございます。(10枚以上)


金額の目安 : 1万円〜

種類
のし袋サイズ
金封サイズ
価格
225mm×180mm
176mm×90mm
1,800円 (税込1,944円)
(のし袋・金封代込み)
205mm×135mm
176mm×90mm
1,500円 (税込1,620円)
(のし袋・金封代込み)
185mm×105mm
176mm×90mm
1,000円 (税込1,080円)
(のし袋・金封代込み)

のし袋ご注文はこちら(クリックして目録・のし袋専用ご注文フォームへ)
のし袋ご注文はこちら(クリックして目録・のし袋専用ご注文フォームへ)

封筒型のし袋

封筒型のし袋↑ 大きくご覧になりたい場合は、クリックして下さい

封筒に熨斗と水引が印刷された封筒型のし袋です。
少額を包む際に簡易のし袋としてご利用下さい。
金額の目安 : 千円〜1万円

封筒型のし袋サイズ
価格
180mm×105mm
700円 (税込756円)
(封筒型のし袋)

のし袋ご注文はこちら(クリックして目録・のし袋専用ご注文フォームへ)
封筒型のし袋ご注文はこちら(クリックして目録・のし袋専用ご注文フォームへ)

1.目録作成の原則(目録の書き方 目録の作り方)

目録
目録とは、式典など進物・贈り物をする際、実物の代わりに仮にその品目を記して贈るものです。
贈答目録、景品目録、記念品目録とも呼ばれます。


のし袋
目録用紙を入れるのし袋は、(結納品を除いて)何度あっても良いお祝い事となりますので、
「蝶結び」の水引きを用います
また、目録の場合、贈呈者は目録用紙に記載しますので、のし袋(表書き)に贈呈者は記載しません
表書きは「目録」のみ記載します。


目録用紙
目録用紙

目録用紙には、奉書紙(純白の和紙)を使用します。
目録用紙は、表が上になるように二つ折りし、さらに三つ折りしてのし袋に収めます。

品名は、贈呈する品を簡潔に書きます。
数量は、品名の下に書きます。 (「壱点」「壱台」「壱式」 など)
※数量や金額は、書き直されるのを防ぐ為に漢数字の大字(壱・弐・参)を使用します。


贈呈する由来は、「右、○○のお祝いとしてお贈り申し上げます」や「右の通り、贈呈いたします」など
簡潔に書きます。由来については書かないこともあります。

目録の渡し方・読み方

目録の渡し方

目録を贈呈する場合も、賞状と同様に読み上げ、のし袋に入れて受領者に渡します。

読み上げる前にのし袋の水引をとり、のし袋から目録用紙を取り出して読み上げます。
読み上げた後に、目録用紙はのし袋に入れ、水引をした完成形の形で受領者に渡します。
渡す際、のし袋の向きは受領者に合わせて渡します。

目録の読み方

目録の読み方ですが、
記載されている右(目録)から順に、すべて読み上げます。
品物の、「一、〇〇〇」「一、〇〇〇」の一はひとつと読みます。

目録テンプレート(無料ダウンロード)

目録テンプレート(無料ダウンロード)

原案を作る際のイメージとしてご使用して頂けるように、目録テンプレートをご用意致しました。
ダウンロード
「Microsoft Word」をお持ちでない場合はご使用できません

金封付きのし袋の原則

のし袋の裏側は、下の折が上にくるように折る。
お祝い事では、「喜びが何度も受け止められるように」と下の折りが上にくるように折り、弔事では「悲しみを流す」ということから上の折が上にくるように折るのがマナーです。 のし袋 裏側 お祝い事 お悔やみ事折り方

金封に入れるお札は新札を用意します。お札の向きは肖像画がある表を前にして入れます。
記入する漢数字は書き足されないよう大字(旧字)を使用します。また、お祝い事には画数の多い方の文字を用いた方が良いともいわれます。金額の下に表記する「也」は円の下に〇〇銭を書き足されないようにするもので、現在は銭が使用されない為に、表記はしない事も多くなっております。

金封付きのし袋

金額の漢数字例(大字)

一 → 壱
二 → 弐
三 → 参
五 → 伍(または五)
十 → 拾
百 → 百(または陌、佰)
千 → 千(または阡、仟)
万 → 萬(または万)
円 → 圓(または円)

 

ページトップへ戻る
Copyright(C) 2004 Toyo-printing Co., Ltd.デジタル表彰状印刷 All Rights Reserved.